鳩を鮮明に描き出す“アデル・ルノー”世界を飛び回る画家。

オランダ・アムステルダム在住の画家、アデル・ルノー(Adele Renault)は、壁やキャンバスにあまりにも美しい鳩を描き出すことで知られています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

大きく鮮明に描き出された鳩。毛並みや表情がとてもリアルに描かれており、なめらかな色のグラデーションや微妙な明暗の使い分けが、立体感を感じさせます。何より、鳩の持つ可愛らしさが損なわれずに表現されている点が最大の特徴と言えるでしょう。

制作ではまず、インスピレーションを刺激された瞬間に鳩を撮影します。そしてその画像を細部まで観察し、自身の感性と美意識のままに一気に描いていくのです。壁に直接描かれる時はスプレーを、キャンバスに描く時は油絵の具が用いられます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼女は1988年にベルギーで生まれ、14歳になると一人旅をしベネズエラに移住します。その後、イギリスのブライトンで2年間を過ごし、古典的な油絵からスプレーを使用した描き方まで様々な制作方法を学びました。2010年には、ブリュッセルの美術アカデミーでグラフィックデザインの学位を取得。
また、在学中には、カリグラフィーと呼ばれる文字を美しく見せる技術で世界的に知られているオランダ出身のビジュアルアーティスト、Niels Shoe Meulmanと、共に世界中を旅しながら、鳥や動物などの大規模な壁画を創造していました。現在2人はアムステルダムでグラフィティなどストリート系のアーティストが多く所属しているUnruly Galleryも運営しています。(下のスライダーは、彼とその作品。)

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

そんな彼女による創作活動は、1960年代に起こった、アメリカの伝統や制度を否定する運動「ヒッピー」や、国を持たず様々な地域を転々とする集団、「ジプシー」を連想させ、自由への強い意志が感じられます。彼女はその思いを、何にも縛られず自由に飛び回る「鳩」に投影して、描いているのかもしれません。

Amazonでは画集(Feathers and Faces)が販売されています。
ぜひ一度手にとって、今まで描かれてきた美しき鳩の作品を堪能してみてはいかがでしょうか。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Adele Renault
HP : https://www.adelerenault.com

Reference : Niels Shoe Meulman Biography

関連記事

  1. チョークで日本の美を描く“Moeco”。圧倒的な写実描写術

  2. 「自然」を3D化。“ギル・ブルベル”による圧倒的な存在感を放つ木材アート

  3. 過去。現在。未来。画面内に複数の時間を混在させる画家“アダム・ラプトン”

  4. 躍動する絵画“サリー・ウェスト”の厚塗りで描かれた常夏のビーチ

  5. 柔らかな色彩で海を描く“ロバート・ブリンドリー”

  6. 街の繊細な表情を描く画家“ジェレミー・マン”

  7. 雲を自由に捉える“イアン・フィッシャー”の美しき油彩画

  8. 感情を表現する、“エマ・リンドストローム”のアクリル画

  9. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP