ふわふわ絨毯のような“アラナ・ジョーンズ=マン”のレトロで可愛いケーキたち

今注目を集めているShag Rug Cake(シャグ ラグ ケーキ )。ロサンゼルス在住のパティシエ、Alana Jones-Mann(アラナ・ジョーンズ=マン)が手がけました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

日本では珍しい色鮮やかなデコレーションに絨毯のような装飾。相当なインパクトのあるケーキです。Shagというのは“けむくじゃら”という意味で、日本でいう絨毯などのシャギーラグと同じです。一本一本、クリームを使い丁寧に作り上げており、ふわふわしてそうで思わず手を触れてしまいそうですね。

そんなデザインを創り出す彼女は1960年代のカルチャーに大きな影響を受けており、フランク・ ステラとソル・ルウィット(下スライダー 8、9枚目)といった芸術家からインスパイアされているそうです。まさにレトロでサイケデリックかつ、大胆なデザインが時代そのものを表していますね。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼女は以前、ニューヨークのPR&マーケティングエージェンシーとして働いていました。しかし仕事に対して完全には満足できなかったそうで、6年間の大規模な企画を終えた後に創造とデザインに情熱を注ぐことを決意し、2013年からパティシエとして活動を始めました。作ったケーキやお菓子をインスタグラムに投稿していると、その可愛らしい見た目とインパクトから徐々に広まっていったそうです。

皆をハッピーな気分にさせてくれる彼女のケーキ。特別な記念日、結婚式、誕生日などのお祝い事にはピッタリですね。そしてインスタ映えもバッチリです。
他にも、へびが纏ったものやクリスマスツリー型といったユニークで楽しいケーキを作っています。どれも新しい魅せ方で、スイーツ好きの心をつかむものばかりです。
ウェブサイトではおすすめのベーキング用品や作り方を紹介しているので、興味ある方は要チェックです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Alana Jones-Mann
HP : http://alanajonesmann.com
Instagram Facebook Youtube Pinterest

Reference : My Modern Metsweety highBouqs

関連記事

  1. ミッキーやトトロに骨や臓器。トイデザイナー“ジェイソン・フリーニー”の解剖模型

  2. 舌ではなく、目で味わう“ジェイ・ヨン・キム”が作る色鮮やかなドーナツ

  3. そっくり!!“Wakuneco”によるリアルすぎる羊毛フェルト

  4. 地球の神秘“マイケル・シャインブラム”が撮影した、崖から海へ流れ落ちる溶岩

  5. ミニチュア陶器を作り出す陶芸家“ジョン・アルメダ”

  6. 頭がない!衝撃的な写真を作り出す“フランチェスコ・ブルノッティ”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP