一度は食べてみたい!バタークリームで作られた美しすぎる『お花のケーキ』

誕生日や結婚式のように特別な日に食べるものといえば、ケーキですよね。
そんな特別な日に食べてみたいバタークリームで作られた「お花のケーキ」が、今インスタグラムで注目を浴びているのはご存知でしょうか?

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

本物ではないのかと疑ってしまうほどのクオリティが話題となり、インスタグラムを中心に反響を呼んでいるこちらのケーキは、アトリエ・スー(Atelier Soo)によって作られました。 まさに、インスタ映えするスイーツアートです。
彼女は韓国を拠点にパティシエとして活動しており、2012年からお花のケーキを作っています。

これら全てはバタークリームと食用色素で作られており、バラ、アマリリス、ポピー、ダリア、ライラック、デイジーなどを繊細に表現しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼女の華やかなケーキに、思わずうっとりしてしまいますね。

派手な色使いにもかかわらず、チープさを感じさせません。それどころか、上品さが際立っています。また、原色ではなくパステルカラーやくすみカラーなど、落ち着いた色を使うことで優しい雰囲気を醸し出しています。
そして、装飾は花びら以外にも、葉や蕾といった細かい部分までのこだわり、ケーキの上で生き生きとしたお花畑のように仕上がっています。

彼女は「sooclass」という教室を開いており、ケーキ作りのレッスンを受けることもできるそうです。是非習ってみたいものです。
ケーキをもっと見たいという方は、ホームページやインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Atelier Soo
HP : https://blog.naver.com/vkscl_energy
Instagram

Reference : the feminmy modern metboredpanda

関連記事

  1. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  2. 日本文化を継承した“ケン・トゥ”のワイヤー盆栽

  3. 絶食を具現化した“スタジオ・デスワント・ボーン”による食器作品

  4. 自分らしさを追求する“エレナ・グエノ”の光輝く指輪

  5. 美しき架空のドレス。自然とファッションを融合させた「1+1」プロジェクト

  6. Twitterのロゴがボロボロに・・・“Andrei Lacatusu”から学ぶこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP