一度は食べてみたい!バタークリームで作られた美しすぎる『お花のケーキ』

誕生日や結婚式のように特別な日に食べるものといえば、ケーキですよね。
そんな特別な日に食べてみたいバタークリームで作られた「お花のケーキ」が、今インスタグラムで注目を浴びているのはご存知でしょうか?

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

本物ではないのかと疑ってしまうほどのクオリティが話題となり、インスタグラムを中心に反響を呼んでいるこちらのケーキは、アトリエ・スー(Atelier Soo)によって作られました。 まさに、インスタ映えするスイーツアートです。
彼女は韓国を拠点にパティシエとして活動しており、2012年からお花のケーキを作っています。

これら全てはバタークリームと食用色素で作られており、バラ、アマリリス、ポピー、ダリア、ライラック、デイジーなどを繊細に表現しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼女の華やかなケーキに、思わずうっとりしてしまいますね。

派手な色使いにもかかわらず、チープさを感じさせません。それどころか、上品さが際立っています。また、原色ではなくパステルカラーやくすみカラーなど、落ち着いた色を使うことで優しい雰囲気を醸し出しています。
そして、装飾は花びら以外にも、葉や蕾といった細かい部分までのこだわり、ケーキの上で生き生きとしたお花畑のように仕上がっています。

彼女は「sooclass」という教室を開いており、ケーキ作りのレッスンを受けることもできるそうです。是非習ってみたいものです。
ケーキをもっと見たいという方は、ホームページやインスタグラムをチェックしてみてくださいね。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Atelier Soo
HP : https://blog.naver.com/vkscl_energy
Instagram

Reference : the feminmy modern metboredpanda

関連記事

  1. 日本文化を継承した“ケン・トゥ”のワイヤー盆栽

  2. 不思議な世界。“エリック・ウォン”が描く、イギリスの新しい都市像

  3. 葛飾北斎とコラボレーション。浮世絵ファッションを仕立てた“アレナ・アフマドゥーリナ”

  4. 新聞や雑誌で作られた人間。“富田菜摘”の立体コラージュ

  5. 細かなペン線で生み出される“カムウェイ・フォン”のモフモフの猫

  6. “浅草 飴細工 アメシン”が制作する、今にも動き出しそうな金魚の飴

  7. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  8. LEGOで街を修復する“ヤン・フォアマン”。遊び心を忘れない生き方

  9. 自分らしさを追求する“エレナ・グエノ”の光輝く指輪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP