思わず二度見!ストリート沿いのベンチやポストに命を吹き込む“デイモン・ベランジャー”

「この街に来たら、必ず足元を見てください!」
こんなユニークなメッセージを発信しているのは、カリフォルニア州の都市・レッドウッドシティ(Redwood City)です。この街の歩道には、至る所に命を吹き込まれたアート作品があります。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

グニュっと伸びる生き物の影。その姿はどれも奇妙ですが可愛らしさがあります。
「Shadow Art」と呼ばれるこのシリーズ作は、サンフランシスコ・ベイエリア在住のグラフィックアーティスト、デイモン・ベランジャー(Damon Belanger)によるもの。彼は市からストリート・アート・プロジェクトと呼ばれる依頼の受け、ポストや街の地図、ダストボックスなど、どの街にもある公共物に偽の影をペイントしました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

制作ではオブジェの実際の影を利用し、キャラクターの輪郭をチョークで描きます。そして、灰色のペンキを塗装して完成させます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼はこのプロジェクトをするにあたって「ありふれた代わり映えのない日常的なオブジェに活気ある命を与える事で、日々の生活が少しでも楽しくなるように制作しました。」と、雑誌の取材で応えています。
現在は街の約20カ所にこのシャドーアートが描かれているそうです。

同シリーズは、2017年HOW International Design Awardsのサイネージ/環境グラフィック部門で見事最優秀賞を受賞し多くの人から賛辞が送られました。そんな彼は、大手ビデオゲーム出版会社のパッケージデザインを手がけるなど実力派のデザイナーとしても知られています。作品はニューヨーク、アラスカ、オハイオ、ケンタッキーなど、アメリカの多数のギャラリーやミュージアムに展示されているようです。

普段何気なく目にする公共物に遊び心とユーモアをもって命を吹き込むデイモン・ベランジャー。レッドウッドシティに訪れた際は是非、そんな彼の作品を探しながら歩くことをオススメします。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Damon Belanger
HP : http://www.damonbelanger.com
Instagram

Reference : Travel + LeisureHow DesignBoredPanda

関連記事

  1. マリオ、ポケモン、カービィ。日本の人気キャラクターを浮世絵風に仕立てる “浮世絵ヒーローズ”

  2. 不思議な世界。 “エリック・ウォン”が描く、イギリスの新しい都市像

  3. 本の中に広がる世界を詩的に描く “ジュンホ・リー”

  4. 天界からの追放者。教会に吊り下げられた“ポール・フライヤー”による堕天使「Morning Star」…

  5. 細かなペン線で生み出される “カムウェイ・フォン”のモフモフの猫

  6. 女性らしさを追求した“ジワ”の描くタトゥーアート

  7. 暗闇で光る折り紙のマグマ。 “デビッド・オリバ” “アンナ・ジュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

 PAGE TOP