ユニークな発想と表現による「美」の探求者“ダニエル・フォレロ”

コロンビア出身、パリ在住のアートディレクター兼、写真家のダニエル・フォレロ(Daniel Forero)は、ユニークな発想と表現で「美」を追求します。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

重厚感ある石が風船を圧迫している、緊張感ある作品「Air」。
こちらは、それぞれの物体が人の助けなしに自然のバランスにより「美」を生み出す方法に焦点が当てられた作品です。正反対の素材をあえてアンバランスに配置し、成立させることで、驚きと美しさを同時に感じられます。

客観的で冷静な視点から、このような見てすぐにわかるユニークな作品を制作しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

多くの作品の中でも、こちらの「$5 project」は制作する際に避けては通れない費用の問題をテーマとし、たったの5ドルで完成させてしまおうというプロジェクトです。しかし、「さて、私は嘘をついた、私は合計6ドルを使った」と語っており、実際には5ドル以上かかってしまったようです。制作費の問題をお金でストレートに表現しており、これまたユニークですね。

もう1つの注目すべきプロジェクトは「DOUBLE SKINNED FRUIT」です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

これは、彼がスウェーデンの首都・ストックホルムに住んでいた頃、友人に「スウェーデンはとても寒いので果物は二重皮を持つべきだ」と言ったことがきっかけで制作されました。
詳しい制作方法は明かされていませんが、ご覧のように、どんな過酷な寒さだったとしても、これほど厚着をしていれば果物が凍えることはないでしょう。

彼は、コロンビアの首都ボゴタで育ち、アルゼンチンでアートディレクションを学びました。 その後スウェーデン・ストックホルムで過ごし、アメリカ・ニューヨークのデザイン事務所、Sagmeister&Walshスタジオで働き、現在はフランス・パリを拠点に活動しています。グラフィックデザイナーとしてのキャリアもあり、GoogleやBMW、コカコーラでも仕事をした実力派の人物です。

Daniel Forero
HP : https://www.daniel-forero.com
Instagram Behance

Reference : ColossalWeVux

関連記事

  1. 女性らしさを追求した“ジワ”の描くタトゥーアート

  2. 一度は食べてみたい!バタークリームで作られた美しすぎる『お花のケーキ』

  3. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  4. 素材の不自然さが魅力的な“ エデュアルド・ラコタ”のランプ

  5. かわいい! おいしい! 食べる多肉植物

  6. 近未来的生物⁉︎ バイオメカニクスを基にした節足動物

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP