解剖学の視点を取り入れた、生き物を空間に描く魔術師“デビッド・オリベイラ”

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

スケッチや水墨画のように見える動物たち。しかしよく見ると、そこにはキャンバスはありません。
制作をしたのは、彫刻家として活躍している、デビッド・オリベイラ(David Oliveira)。彼はワイヤーを用いて、3次元の空間にリアルな生き物の作品を作り出します。まるで空間にデッサンをしているようです。

モチーフとなるのは、哺乳類や爬虫類といった生き物がメインであり、どれも生きているかのような動きを感じさせます。また、色付きの素材を取り入れた、より生命力溢れる作品も魅力的です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

ポルトガルの首都・リズボンで生まれ育った彼は、大学では彫刻を専攻し、同時に解剖学も学びました。そこで培われた表現力と解剖学の知識が組み合わさったことで生まれる作品には、見えないはずの骨格や筋肉、臓器なども感じさせ、とても説得力あるものとなっています。

特に「人」が好きなモチーフと語る彼は、表皮だけを追ったものではなく、骨や血管といった、作り込まれた内部を見ることができるものを制作しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

現在もポルトガルを拠点に精力的に作品作りに励んでおり、近年では国内外で個展を開催したり、グループ展にも参加しています。

デビッド・オリベイラ(David Oliveira)

David Oliveira
HP : https://www.davidoliveira.org
Facebook

Reference : Saatchi ArtMy Modern Met

関連記事

  1. 超トラウマ! フィンランドの巨大小便小僧

  2. 天界からの追放者。教会に吊り下げられた“ポール・フライヤー”による堕天使「Morning Star」…

  3. 幻想生物を生み出す彫刻家“エレン・ジューエット”の繊細で耽美な世界観

  4. 突如として出現した不気味すぎるオブジェ。“ロニー・ヴァン・ハウト”が込めた思いとは

  5. 主と従の逆転。既成概念を根本から破壊する情熱の芸術家“桝本桂子”

  6. 『海底美術館』海を保護する人型彫刻たち。“ジェイソン・デクレアズ・テイラー”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP