海の一部を切り取った“ダフィー・ロンドン”の深海テーブル

海を切り取ったかのような、壮大で色鮮やかなテーブル。
クリストファー・ダフィー(Christopher Duffy)を中心人物とするデザインオフィス、ダフィー・ロンドン(Duffy London)は、思わず欲しくなる唯一無二の美しいテーブルを作り上げました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

円形のコーヒーテーブル「Abyss Horizon」と、大きなダイニングテーブルの「Kraken Abyss Table」は、3D海底地図をイメージしてデザインされ、深淵のグラデーションが見事に表現されています。

考案者であるクリストファー・ダフィーは、ロンドンで生まれ育ち、美術や数学、統計学などに定評があるブライトン大学でプロダクトデザインを専攻。その後2002年にスタジオを設立し、会社や家庭で使用する家具を制作しています。彼はコンセプトとする重力や幾何学、錯視といったものを芸術と組み合わせ、革新的なデザインを生み出します。それをダフィー・ロンドンで再現することにより、さらに質の高いものへと変化していくのです。

彼がガラス工場へ行った際、ガラスを重ね合わせていくと、海が深くなるにつれ濃い色になるのと同じように、色が濃くなっていくことに気付きました。それを、海底の表現をするのに用いたいと考えたのです。その時のイメージを彼は「地球の一部を装飾用に切り取ったかのようだ。」と述べています。

ダフィー・ロンドンは、そのイメージを1年かけて作り上げました。土台である地殻部分は木材を使用。環境や地域社会に配慮した、森林管理協議会の認証を受け倫理的に調達されたものを使っています。海の部分は、飛行機にも使われている透明アクリル樹脂の風防ガラスを使用。それにより、何枚重ねても透明感が無くなることなく、鮮やかな色合いを保てるのです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

上から見るのはもちろん、どの角度から見ても、形態の美しさや色の鮮やかさなど、職人の腕光る繊細な技を堪能できます。まるで海の上で食事をしているかような感覚が味わえるでしょう。

価格はそれぞれ、
「Abyss Horizon」277万3980円。
「Kraken Abyss Table」672万6000円。
となっています。(※2018年12月31日現在)


他にも、風船で支えられているテーブルやブランコのようなイスが付いたテーブルセット、2本足だけで立っているように見えるイスなど、遊び心いっぱいの家具を多く制作しています。奇妙で魅力的なダフィー・ロンドンの作品を見たい方、購入したい方は、ぜひホームページからご覧ください。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider


Duffy London
HP : https://duffylondon.com
Twitter  Facebook  Instagram

Reference : Homeli Design BlogSarah Myerscough Gallery

関連記事

  1. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  2. そっくり!!“Wakuneco”によるリアルすぎる羊毛フェルト

  3. 突如として出現した不気味すぎるオブジェ。“ロニー・ヴァン・ハウト”が込めた思いとは

  4. 天界からの追放者。教会に吊り下げられた“ポール・フライヤー”による堕天使「Morning Star」…

  5. これは一体…。芸術の都、パリに出現したゴミによるアート

  6. 竜の鱗を身にまとう。 “mareshop”が制作するドラゴン手袋

  7. LEGOで街を修復する“ヤン・フォアマン”。遊び心を忘れない生き方

  8. “イサ・ベラルデ”による、目の不自由な人のための点字のスマートフォン

  9. 「自然」を3D化。“ギル・ブルベル”による圧倒的な存在感を放つ木材アート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP