感情を表現する、“エマ・リンドストローム”のアクリル画

スウェーデンのアーティスト、エマ・リンドストローム(Emma Lindstrom)は、誰もが惹きつけられる神秘的なアクリル画を制作することで知られています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

自然に移り変わるグラデーションに、波のようなシワ模様が、なんとも美しいですね。
まるで宇宙を彷彿とさせるこれらの作品は、「感情とエネルギー」をテーマにして制作されました。彼女は、実際には目に見えない、けれども何かを生み出したり動かしたりしているそれらのエネルギーを、絵画を通して表現しています。しかし彼女は、絵がどのように見られるかというよりも、見た人がどのように感じるか、ということを重要視しており、受け手のことを考えて制作しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

神秘的作品を作り続ける彼女ですが、実は高校時代までは楽器の演奏など音楽に携わっていました。それが今の制作のインスピレーション元であると語っています。作品を見ると、音がはじけているような印象や複雑なリズムを感じられるのではないでしょうか。

制作には、アクリル絵の具をメインに使い、その他にも油絵の具やスプレー塗料も使っています。そして画面を様々な方向に動かしたり、上から息をかけたり、直接描くなどして彼女の作品は出来上がるのです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

また、彼女の絵画は、「心の海」と表現されることがあります。彼女の秘められた感情が描かれたそれらの絵画は、見る人たちに自分の思いや感情を素直に引き出してくれます。

作品はニューヨークやロンドン、ストックホルムといった世界中の国で展示されており、最近では、スウェーデンにある有名な美術館「Nordic Watercolor Museum」で展示されました。

見る人によって何を感じるかは様々ですが、それぞれの「心の海」を想像させてくれる、不思議な作品を、彼女は現在も制作し続けています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Emma Lindstrom
HP: http://emmalindstrom.com
Facebook Instagram YouTube

Reference : PebeoarT-facto

関連記事

  1. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  2. モザイクの向こうには一体?イタリア・ミラノで生まれる“アルド・セルジオ”の油絵

  3. 街の繊細な表情を描く画家“ジェレミー・マン”

  4. 次元にとらわれない先鋭的表現法。“マシュー・ストーン”今注目のメディアアーティスト

  5. 本の中に広がる世界を詩的に描く “ジュンホ・リー”

  6. チョークで日本の美を描く“Moeco”。圧倒的な写実描写術

  7. 躍動する絵画“サリー・ウェスト”の厚塗りで描かれた常夏のビーチ

  8. 雲を自由に捉える“イアン・フィッシャー”の美しき油彩画

  9. 漆黒のカラスを描く“リンジー・カスタッシュ”。空間を切り取る画家

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

 PAGE TOP