雲を自由に捉える“イアン・フィッシャー”の美しき油彩画

空に浮かぶ雲は、一つとして同じものはなく、毎日違った姿を見せてくれます。それは自然による一つの芸術ともいえるでしょう。画家、イアン・フィッシャー(Ian Fisher)はそんな雲に魅せられた人物の一人です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

画面いっぱいに写る色あざやかな雲。
これらは全て油彩で描かれた絵画作品です。手前から奥への色の絶妙なグラデーションが奥行きを生み出し、画面には立体感があります。また雲のふわっとした表情や柔らかな光の表現など、とても繊細に描かれているのも特徴です。色合いは淡いトーンで統一されており、懐かしい記憶のワンシーンのようにも感じさせます。

雲は抽象的なモチーフです。人によって見え方が異なり、一つの形から様々なものが連想できます。そのことについて彼は次のように語っています。「雲のおもしろいところは、それが何なのかをイメージできることです。また、それは絶えず変化しているので、私は自分のイメージで望みどおりに描くことができます。

作品を見ていると、描く時に込められた彼の感情やイメージを感じることができます。中には、どんよりとした気分を描いたものやワクワクする楽しさを表現したものもあるかもしれません。抽象的なモチーフだからこそ、様々な解釈ができるのです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼は、1983年にカナダのノバスコシア州で生まれました。芸術好きの両親の影響で、子供の頃から多くのアーティストの作品に触れていたといいます。2006年には、アメリカのコロラド大学ボルダー校に入学した事をきっかけに、芸術を突き詰めていくべきだと、感じるようになりました。そのことについて彼は、「両親の助けをかりて、芸術にこだわることができ、やるべきことを見つけることができた。」と述べています。現在は、アメリカのコロラド州デンバーを拠点に活躍しています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Ian Fisher
HP : https://www.ianfisherart.com
Instagram

Reference : Colorado Homes and Lifestyles

関連記事

  1. そっくり!!“Wakuneco”によるリアルすぎる羊毛フェルト

  2. 柔らかな色彩で海を描く“ロバート・ブリンドリー”

  3. 過去。現在。未来。画面内に複数の時間を混在させる画家“アダム・ラプトン”

  4. 圧倒的写実力をもって描かれる美女。現在注目される作家“山本大貴”

  5. フェルメールやマネ。巨匠の傑作を廃墟に飾る“Julio Anaya Cabanding”

  6. 筆を使わないフィンガーペインター“アイリス・スコット”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP