かわいい! おいしい! 食べる多肉植物

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

多肉植物が植えられた可愛らしい鉢。
おわかりいただけましたか? なんとこれ、ケーキなのです!

これらは、インドネシアのジャカルタで「Iven Oven」というケーキ屋を営んでいるイブン・カウイ(Iven Kawi)によって作られました。
現在とても注目されており、Instagramでは48万人以上のフォロワーを持つほどの人気っぷりです。

彼女はカップケーキだけでなくホールケーキも作ります。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

あまりのリアルさに、テラリウムを見ているかのようです!
食べてしまうのがもったいないですね。

制作は、色のついたバタークリームを丁寧に加工し、一つ一つ作り上げていくそうです。もはや彫刻作品といっても過言ではないでしょう。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

興味深いことに、彼女のHPにはケーキ作りと日々の生活について書かれていました。

ケーキは夫の二人で制作しています。朝5時に生地を作り始め、10時からは家族のために食事を用意し、子供たちを学校へ送りに行きます。そして11時から17時にかけてバタークリームを混ぜ、植物の装飾します。その間、30分の昼食休憩しか取らず、18時までケーキ作りをし続けます。それから買い物などに行き、忙しい一日が終わります。
彼女は「毎日好きなケーキ作りをしているのでとても幸せです。しかし、家族と過ごす時間がいつも待ち遠しい。なので土曜の夜と日曜日は私にとって最高の時間です。」と語っています。

忙しい母という一面と楽しく仕事をこなす姿。それがファンを惹きつけ人気となっている秘訣なのかもしれません。

他にも彼女はパターン柄やキャラクターのケーキを作っており、Instagramにて日々更新されています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Iven Kawi
HP : http://ivenoven.blogspot.com
Facebook Instagram

関連記事

  1. 舌ではなく、目で味わう“ジェイ・ヨン・キム”が作る色鮮やかなドーナツ

  2. ディズニーにインスパイアされた“ポール・ヴァシレフ”魅惑のドレスコレクション2018

  3. 思わず心がほっこりする「顔つきパン」

  4. 海の一部を切り取った“ダフィー・ロンドン”の深海テーブル

  5. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  6. “浅草 飴細工 アメシン”が制作する、今にも動き出しそうな金魚の飴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP