細かなペン線で生み出される“カムウェイ・フォン”のモフモフの猫

猫は万国共通で人気の高いカワイイ生き物です。そのため、世界中に猫をモチーフとした作品や商品が溢れています。そんな中、一風変わった技法で猫を描き続けるイラストレーターがいます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

こちらのなんとも可愛らしいモフモフの猫たち。
制作したのは、マレーシアの首都・クアラルンプールを拠点に活動する、カムウェイ・フォン(Kamwei Fong)。彼は非常に細い線で毛を一本一本描き、線密で独特な雰囲気の猫を生み出します。離れて見ると、微妙な陰影があり立体感を感じさせます。
そしてなにより、触りたくなるような質感から、毛の柔らかさも伝わってくるのではないでしょうか。
下の10秒の動画では、実際に制作する様子が見れます。

細いインクペンで一本一本丁寧に描写していますね。指の大きさから、その線の細さがうかがえます。まるで本物の毛を作り出しているかのようです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

63センチ×93センチほどの大きい作品を手がける事もあり、制作期間が数週間になることもあるそうです。スキルだけでなく相当な忍耐力も必要となってきます。

そんな彼は “Be Happy. Be Childlike. Be Ridiculous(幸せであれ、子供らしくあれ、バカであれ)” をモットーに制作をしており、この哲学は、ファンやバイヤー、コレクターの間で共感され、アジア、ヨーロッパ、米国の各地で人気が高まっています。
2017年にはマレーシアで初の個展を開き、注目を集めました。地元のブランドや国際的なブランド、アート集団とのコラボレーションでも登場しています。

猫以外にも、子犬やウサギ、サルといった様々な動物を描いており、作品はどれも「Etsy」で購入できます。値段はサイズや絵柄によって異なりますが、A4サイズで5,000円台から手に入れることができます。
ぜひ彼の作品をチェックしてみてください。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Kamwei Fong
Instagram Etsy

Reference : Wonky Peach

関連記事

  1. 石による神業。“マイケル・グラブ”が作り出す驚異のバランスアート。

  2. 絶食を具現化した“スタジオ・デスワント・ボーン”による食器作品

  3. ゴッホ作「ポケモン」?!人気キャラクターをゴッホ風に描く画家“アジャ・トリアー”

  4. 不思議な世界。“エリック・ウォン”が描く、イギリスの新しい都市像

  5. マリオ、ポケモン、カービィ。日本の人気キャラクターを浮世絵風に仕立てる “浮世絵ヒーローズ”

  6. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP