全て使用不可⁉︎ ぐにゃぐにゃした陶器を作り出す“キャサリン・モーリング”

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

いびつな形をした機械やマッチ箱。
使えそうな気配は全くなく、イラストや紙の立体作品のようにも見えますが、違います。これらはなんと、全て陶器なのです。

制作したのはイギリス・ロンドンを拠点に活動する陶芸家、キャサリン・モーリング(Katharine Morling)。彼女は、ぐにゃっと歪んだ陶器にイラスト風にペンで描くことで、硬さを感じさせないユニークな作品を作り上げます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

制作では、スケッチをもとに粘土で形を形成し、素焼きで仕上げます。通常、陶器には“釉薬”と呼ばれる陶器をガラス質に変える薬品を塗りますが、彼女はそれをあえて使用しません。そうすることで質感が変わり、見た目と素材にギャップが生まれるのです。

下は制作様子の写真です。焼く前は白く綺麗な造形ですが、焼き上がり後は、ぐにゃっとした味が出た仕上がりとなっています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

作品については「陶器を媒体にした3次元の絵」と表現しており、また、作られるものは、自分が生きていく中で感じたことや経験から作られると語っています。

そんな彼女は2003年に自身のスタジオを立ち上げ、現在3人のアシスタントと一緒に制作に励んでいます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Katharine Morling
HP : http://katharinemorling.co.uk
Facebook Instagram Pinterest

Reference : Ideas In The Making

関連記事

  1. ウィルスをガラス彫刻で可視化。“ルーク・ジェラム”による顕微の試み

  2. 近未来的生物⁉︎ バイオメカニクスを基にした節足動物

  3. 超トラウマ! フィンランドの巨大小便小僧

  4. ふわふわ絨毯のような“アラナ・ジョーンズ=マン”のレトロで可愛いケーキたち

  5. 悟りの世界から電子の信仰へ。電子部品を用いて表現する、美しき曼荼羅模様

  6. 突如として出現した不気味すぎるオブジェ。“ロニー・ヴァン・ハウト”が込めた思いとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP