古代彫刻に服を着させ蘇らせた“レオ・カイヤール”

古典的な彫刻作品は何百年経った今でも見る人を魅了します。

フランス・パリ出身の現代アーティスト、レオ・カイヤール(Leo Caillard)は、そんな彫刻作品に現代人が着るカジュアルな服装をマッチさせた「Hipster in Storn」シリーズを手がけました。

「Hipster in Storn I」(2012)

どなたも似合ってますね!
シリーズ名にもある「Hipster(ヒップスター)」とは個性的もしくは奇抜なファッ ションをする、おしゃれや流行に敏感な若者のことを指します。
ルーブル美術館と協力のもと撮影された彼の作品は、彫刻作品に実際に服を着せているわけではなく、合成加工を施し完成させているそうです。

このシリーズをパート3まで制作しています。

「Hipster in Storn II」(2015)


「Hipster in Storn III 」(2017)

彼が、これらの古典的な彫刻作品に現代の服を合わせたのには、実は今と昔の時代を改めて見直してほしいという意図があったのです。

最近では実際に服を着させ、展示することもあるようです。
彼のサイトでは、その他の作品もありますのでぜひチェックしてみてください。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Leo Caillard
HP : https://www.leocaillard.com
Twitter Facebook Instagram

関連記事

  1. かわいい! おいしい! 食べる多肉植物

  2. 「無」から描き出す「美」。世界的人気アーティスト、“ジュリアン・オピー”

  3. ふわふわ絨毯のような“アラナ・ジョーンズ=マン”のレトロで可愛いケーキたち

  4. 頭がない!衝撃的な写真を作り出す“フランチェスコ・ブルノッティ”

  5. おとぎ話をイメージしたドレス。“ウリヤナ・セルギエンコ”2013年春夏コレクション

  6. 現代人へ警鐘。ホロコースト。死者への侮辱。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP