ウィルスをガラス彫刻で可視化。“ルーク・ジェラム”による顕微の試み

微生物やウイルスといった顕微鏡を使わないと見ることのできない、しかし確実に身近にいる存在。
それらをガラスによって可視化させた作品が「Glass Microbiology」です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

イギリス・ブリストル在住のアーティスト、ルーク・ジェラム(Luke Jerram)は、科学的にアートにアプローチしています。高度な最先端テクノロジーを駆使して、唯一の作品を見せてくれます。
2004年から制作が開始されたこれらの作品は、電子顕微鏡を使ってウィルスの生態を研究し、構造も科学的なデータの元つくられています。

「Glass Microbiology」は、医学雑誌や教科書などで取り上げられるほど精巧に作られており、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ヨーロッパ近代ガラス美術館、中国の上海ガラス博物館など、世界中の多くの美術館にもコレクションされています。

下の映像は展覧会での様子です。

じつは、これらを制作したのには彼ならではの理由がありました。
色を操るともいえるアーティストとしては致命的な、色覚異常者であることを公言しています。しかし、彼は逆に色覚異常であることを活かして、色のない世界(ガラスやウイルス)の探求に力を注ぐことにしたのです。この逆転の発想こそ、まさしくアーティストです。

私たちがよく見るウイルスの写真は、人工着色画像によって作成されています。実際、ウイルスは光の波長より小さいので、色はありません。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

彼のセンスは洗練を極めています。自身が色覚異常であることと、色のないウィルスを繋げたそのアイデアは素晴らしく、アーティストという存在そのものを高めてさえいます。

現在は、ブリストルにある西イングランド大学で客員研究員を務め、彫刻、インスタレーション、ライブアートプロジェクトなど幅広く活躍しています。特にインスタレーション作品は圧倒されるものばかりです。
またの機会で紹介することにしましょう。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Luke Jerram
HP : https://www.lukejerram.com
Twitter Facebook Instagram

Reference : INTERALIA MAGAZINEwikipedia

関連記事

  1. 絶食を具現化した“スタジオ・デスワント・ボーン”による食器作品

  2. 悟りの世界から電子の信仰へ。電子部品を用いて表現する、美しき曼荼羅模様

  3. “浅草 飴細工 アメシン”が制作する、今にも動き出しそうな金魚の飴

  4. マリオ、ポケモン、カービィ。日本の人気キャラクターを浮世絵風に仕立てる “浮世絵ヒーローズ”

  5. アーサー王の伝説‼︎“ルービン・アイノン”が思い起こさせる冒険とロマン

  6. 最も身近な照明「THE MOON」を製作する“ノザイナー”

  7. そっくり!!“Wakuneco”によるリアルすぎる羊毛フェルト

  8. 「自然」を3D化。“ギル・ブルベル”による圧倒的な存在感を放つ木材アート

  9. 『海底美術館』海を保護する人型彫刻たち。“ジェイソン・デクレアズ・テイラー”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP