猫が自撮り!?インスタでカリスマ的存在の“マニーちゃん”

若い層を中心に、自撮り写真がコミュニケーションツールとして確立している昨今。人間だけなんてずるい!と、なんと猫の自撮りがインスタグラムに投稿され、話題となっています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

本当に自撮りをしている!
賢そうな面構えで人間さながら自撮りをしているのは、アメリカ・アリゾナ州北部の広大な土地で、のびのびと暮らすマニーちゃん。まさかの自撮りをする猫(セルフィーキャット)として、インスタグラムで人気を集めています。
カメラ目線で、風景と自分とのバランス、アングルも様々。素晴らしい自撮りテクニックをお持ちのようです。

撮影に使用しているのは、猫用に加工されたカメラなどではなく、ごく普通に売られている小型のカメラ「GoPro」。ヘッドギアなどに取り付けられるほど小さく軽く、防水機能もついており、HDで撮影できるとても高性能なものです。スポーツ選手目線の動画撮影などによく使われています。(※下スライダー画像7枚目)

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

­センスに溢れるマニーちゃん。実はもともと野良猫でした。2年ほど前に、飼い主であるヨーレム・アム(Yorem Ahm)さんが拾ってきたのだといいます。そして、ヨーレムさんが、GoProで撮影しているのを日頃から見ていたマニーちゃんは、いつしか興味を持ち出し、カメラを向けられると手を差し伸べるようになったそうです。マニーちゃんがシャッターを押しているのか、ヨーレムさんが押しているのかは明らかにされていませんが、写真だけを見ると猫の自撮りにしか見えませんね。
現在は、猫4匹と犬4匹の仲間がおり、その中では面倒見の良いボス的存在となっているようです。

­マニーちゃんの写真には、絶妙な構図で仲間たちが写り込んでいます。「写真撮るから集まって!」「木を入れて撮りたいから、そこに居て」と、話しているのかもしれませんね。
インスタグラムでは、他にも様々な自撮り写真がアップされていますので、ぜひご覧になってみてください。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

­Yorem Ahm
Instagram

Reference : LoveMeowABC NewsSad And Useless

関連記事

  1. 次元にとらわれない先鋭的表現法。“マシュー・ストーン”今注目のメディアアーティスト

  2. 写真家“ローゼリン・レイモンド”が捉える、キツネのとても可愛い知られざる一面

  3. 暗闇と霧の中でセンチメンタルな存在感を放つ信号機“ルーカス・ジマーマン”

  4. 石による神業。“マイケル・グラブ”が作り出す驚異のバランスアート。

  5. 現代人へ警鐘。ホロコースト。死者への侮辱。

  6. 芸術とデザインを軽やかに融合させる“吉田ユニ”

  7. 地球の神秘“マイケル・シャインブラム”が撮影した、崖から海へ流れ落ちる溶岩

  8. スマホ中毒が進む社会への風刺。“アントワーヌ・ガイガー”の「Sur-Fake」シリーズ

  9. 世界から電気が消えたなら。現実にはない第三世界を映し出す “ティエリー・コーエン”

コメント

    • 匿名
    • 2019年 1月 12日 00:46

    とてもかわいい!

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP