竜の鱗を身にまとう。 “mareshop”が制作するドラゴン手袋

寒い季節になると、店頭には多くの冬物商品が並びます。中にはおしゃれなアイテムを見つけるとついつい手に取って買ってしまう方もいるのではないでしょうか。今回ご紹介する手袋も、色鮮やかで個性的なデザインに目を奪われてしまうかもしれません。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

鱗のような表面に鮮やかな色合いが特徴的なこちらのアームウォーマー。
まるでドラゴンになったかのような気持ちを味わえるこの手袋は、「ドラゴン手袋」と呼ばれています。100%ハンドメイドで、ウールやアクリル、モヘアといった素材を使い、クロコダイルステッチ(別名うろこ編み)と呼ばれる特殊な編み方で作られています。

このドラゴン手袋は、ラトビア共和国在住のクリスティン(Kristine)と母のマリテ(Marite)の2人が運営するファッションショップ「mareshop」で制作・販売しています。暖色系や寒色系、モノトーンのものなど色合いは豊富で、長さも短いものから長めのものまで、色々な種類があります。また、指先のないタイプの手袋なので、スマホやタブレットの操作が楽々行え、実用的です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

一双4000円台から買えるものもあり、実際に購入した人からは、「使いやすくて可愛いくて最高!」「見た目も文句なしの可愛さで、何より暖かい。断然お勧め。」といったコメントが届くなど、お気に入りのアイテムとなっているようです。デザインによっては売り切れとなっているものもありますが、オーダーメイドの依頼にも応じており、その人に合った手袋を制作してくれます。自分好みのおしゃれで個性的な手袋を着けることができると考えるとワクワクしますね。

Mareshopは、他にも普通の手袋やニット帽、靴下といったものも販売しています。これまで販売してきた商品数は、なんと3,500点以上。その全てがハンドメイドによるこだわりの品々です。
気になる方はぜひショップまで。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Mareshop
Etsy
Facebook Instagram

関連記事

  1. Twitterのロゴがボロボロに・・・“Andrei Lacatusu”から学ぶこと

  2. メルヘンの世界へと誘う。メイクアップアーティスト“Emalovii”

  3. 世界一美しいドレスをデザインする “マイケル・シンコ”の2017年、春夏コレクション

  4. “ジョマ・サイプ”が描く、神秘的な幾何学模様

  5. ディズニーにインスパイアされた“ポール・ヴァシレフ”魅惑のドレスコレクション2018

  6. 『履ける』芸術作品、“リリカ・マトシ”の美しい網タイツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP