なぜ!? 見慣れた景色がユーモラスになるストリートアート。

オーストラリアには、アーティスト活動が盛んな場所が各地にあり、街のあちこちでストリートアートが見られます。
都市・シドニーを拠点に活動するアーティスト、Miguel Marquezもそのうちの1人です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

落ちている吸い殻を囲むコーンに、排水溝前に設置されたゲート。どれもサイズが小さく可愛らしさがあります。また、パッと見ただけでもその意味を理解でき、ユニークですね。

ストリートアートと聞くと、壁に大きくペイントされたものを思い浮かべるかと思いますが、彼の場合はそうではなく、街の隅に小さなイタズラを仕掛けます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

例えば、上スライダー1枚目は、建物の壁に「都市をリセットするには、スイッチをオフにしてからつけて」と書かれたスイッチの作品です。気付いた時には、驚きとホッコリするような温かさがあるでしょう。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

自身の活動については「馴染みある場所にちょっとした変化を加えるのが好き」と語っています。
そんな彼による同プロジェクトは2013年から始まり、現在も密かに街にイタズラをし続けています。

Miguel Marquez
HP : https://miguelmarquezoutside.com
Instagram

Reference : Bored Panda

関連記事

  1. 暗闇で光る折り紙のマグマ。“デビッド・オリバ”と“アンナ・ジュンカ”によるインスタレーション

  2. 猫が自撮り!?インスタでカリスマ的存在の“マニーちゃん”

  3. 芸術とデザインを軽やかに融合させる“吉田ユニ”

  4. 石による神業。“マイケル・グラブ”が作り出す驚異のバランスアート。

  5. 突如として出現した不気味すぎるオブジェ。“ロニー・ヴァン・ハウト”が込めた思いとは

  6. 世界から電気が消えたなら。現実にはない第三世界を映し出す “ティエリー・コーエン”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP