最も身近な照明「THE MOON」を製作する“ノザイナー”

「明かり」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。電気や蝋燭など、様々な種類がありますが、私たちにはもっと身近な明かりがあります。それは「月」です。NOSIGNER(ノザイナー)というデザインチームは、この月をテーマとした照明「THE MOON」を製作しました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

「THE MOON」はその名の通り、月の形をしたLEDライトです。なんと、JAXAの衛星「かぐや」が観測した3Dデータを元に精巧に作られており、まるで月そのものを間近で見ているような感覚が味わえます。手の平ほどのサイズ感や発せられる優しい光は、人間にとって居心地の良い照明といえます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

制作を手がけたNOSIGNERは、太刀川英輔(たちかわ えいすけ)を代表とするデザイン活動体です。社会や未来に良い変化をもたらすためのデザインを生み出すことを理念に、グラフィック・プロダクト・空間・建築などのデザイン技術を生かした、総合的なデザインを手がけています。

名前は「NO-SIGN(形の背景にある目に見えない関係性)」を語源としており、「見えないものをデザインする人」を意味しています。
制作されるものには、社会や地域と密着したものや、その未来を考えたデザインがあります。例えば、東日本大震災後に立ち上げたWikiサイト“OLIVE”は、災害時に役立つデザインを共有するサイトとして立ち上げられ、防災デザインブームに火をつけました。他にも「CAR EMERGENCY BOX」と呼ばれる防災セットでは、NOSIGNERのメンバーが大雪時に車内に閉じ込められてしまった実体験が製品に生かされており、自動車での災害時に役立つ情報、物資が入っています。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

現在の日本では、東日本大震災を機に防災に対する意識が高まってきています。もしも車内で閉じ込められたり、助けが必要になった時には間違いなくこれらは必需品となります。その時のために備えておくと良いかもしれません。

2006年の設立以降、地域活性・伝統産業・科学コミュニケーションといった様々な分野で、挑戦をし続けるNOSIGNER。
その柔軟な発想で生み出される商品の数々は、明日の私たちの生活をより良いものへと変えてくれる力を持っているのです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

NOSIGNER
HP: http://nosigner.com/ja/
Twitter Facebook Pinterest

関連記事

  1. アフリカの大自然に魅了された“ゴードン・ペムブリッジ”による立体彫刻「Wood Art」

  2. 無意味でシュール。現実にはありえない“ジュゼッペ・コラルッソ”の不条理シリーズ

  3. 思わず心がほっこりする「顔つきパン」

  4. メルヘンの世界へと誘う。メイクアップアーティスト“Emalovii”

  5. 『履ける』芸術作品、“リリカ・マトシ”の美しい網タイツ

  6. ユニークな発想と表現による「美」の探求者“ダニエル・フォレロ”

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP