ディズニーにインスパイアされた“ポール・ヴァシレフ”魅惑のドレスコレクション2018

オーストラリア・アデレードを拠点に置くファッションブランド、パオロ・セバスチャン(Paolo Sebastian)は、2018年春夏コレクションで魅惑的なドレスを発表しました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

花や鳥の細かな刺繍が施された上品さを醸し出すドレスたち。
まるでおとぎの国へと迷い込んだかと思わせるこれらのドレスは、あの「ディズニー」に触発されて作られました。

制作を手がけたのは、オーストラリアのファッションデザイナーであり設立者のポール・ヴァシレフ(Paul Vasileff)。彼は小さい頃に祖母から洋服作りを教わり、またイタリア・ミラノにあるデザイン学校、ヨーロッパ・デザイン学院(Istituto Europeo di Design、通称IED)で本格的にファッションを学びました。そして、2007年17歳の時に同ブランドは立ち上げられました。最初は、知人からの依頼がほとんどだったそうですが、次第に様々な国のスタイリストやクライアントから依頼を受けるようになり、今では世界に知られる有名ファッションブランドにまで成長したのです。
2017年には、彼のその功績が称えられ、16歳から25歳の人を対象に優秀なオーストラリア人に送られる国民栄誉賞「ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、注目を集めました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

今回のコレクションでは、「いつか夢で(Once Upon a Dream)」をテーマにしており、着た人がまるでディズニーのヒロインになったかのような気分が味わえる夢のドレスとなっています。刺繍には、映画に登場する動物やそれの象徴とも言えるモチーフが加えられており、それぞれの物語を想像させます。
スケッチの段階からそれをイメージしており、一つ一つ手作業で編み上げました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

ファッションショーは成功を収め、多くの賛辞が送られました。
私にとってディズニーは、常にインスピレーションの源です。」そう語る彼のドレスは、大勢の人をディズニーと同じくらい魅了しました。しかし、一番魅了されていたのは、もしかしたら彼自身なのかもしれません。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

Play
Full screenExit full screen
Slider

Paolo Sebastian
HP : http://paolosebastian.com/collections/2018-ss-couture/
Facebook   Instagram   Pinterest

Reference : Wedding InspirasiAdelaide Fashion FestivalWikipedia

関連記事

  1. 芸術とデザインを軽やかに融合させる“吉田ユニ”

  2. メルヘンの世界へと誘う。メイクアップアーティスト“Emalovii”

  3. ふわふわ絨毯のような“アラナ・ジョーンズ=マン”のレトロで可愛いケーキたち

  4. 孤独や弱さを美しく。退廃的な肖像写真を撮り続ける“カイル・トンプソン”

  5. アフリカの大自然に魅了された“ゴードン・ペムブリッジ”による立体彫刻「Wood Art」

  6. 海の一部を切り取った“ダフィー・ロンドン”の深海テーブル

  7. 自分らしさを追求する “エレナ・グエノ”の光輝く指輪

  8. フィボナッチ数列を駆使した“ジャック・ストームス”の美麗なガラス彫刻

  9. 不思議な世界。 “エリック・ウォン”が描く、イギリスの新しい都市像

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

 PAGE TOP