現代人へ警鐘。ホロコースト。死者への侮辱。

第二次世界大戦中にナチスが行った人類史上最も大規模な虐殺、ホロコースト。
600万人以上のユダヤ人が理不尽に殺されました。そのような悲劇を忘れてはならないと2005 年、ベルリンのブランデンブルク門の南に「虐殺されたヨーロッパのユダヤ人のための記念碑」 通称:ホロコースト記念碑が建てられました。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

約2ヘクタールの敷地にコンクリート製の石碑2,711基並んでおり、厳粛な空気を感じさせます。
しかし現代の若者を中心とする観光客には、ただのかっこいいオブジェのようにしか捉えられていない現状があります。死を侮辱するようなモラルの低い人々までもがここに訪れており、笑顔で自撮りを楽しんだり、石碑から石碑へジャンプしている写真をふざけた文章とともに投稿している人までもがいます。

そんな現状を危惧したのは、ドイツ拠点にミュージシャンや俳優活動するアーティスト、シャハク・シャピラ(Shahak Shapira)
彼は非常にインパクトあるアプローチで人々に警鐘を鳴らしました。プロジェクト名は『YOLOCAUST』。
「YOLO」とは若者を中心に使われているスラング語で「You Only Live Once」の略「人生一度きり」という意味で、基本的には皮肉をこめて使われます。

まずはご覧ください。

「死んだユダヤ人@ホロコー スト記念碑の上を飛ぶ」
「ベルリン(きらきら)」

これらはFacebook、Instagram、Tinder、Grindrなどで見つけた不謹慎な写真を、ナチスによる大虐殺の映像を組み合わせたものです。
シャハクさんは「死んだユダヤ人@ホロコースト記念碑の上を飛ぶ」という文章とともに投稿している写真を見つけ、このプロジェクト始めようと決意しました。
とても風刺的で、現代の社会を強烈に表しています。

「ホロコーストのモニュメント!」

「ドイツのギャング」

彼らの多くは「侮辱する意図はなかった」「ジョークのつもりだった」と語り、SNSに投稿した写真を削除し、反省し考え直したといいます。

しかし、残念ながら現在もこのような投稿は世界中でされ続けています。日本も例外とは言えません。このようなことを避けるためにも、歴史を学び、他者への配慮を忘れないことが重要です。

Full screenExit full screen
Slider

Shahak Shapira
HP : http://shahak.de
Twitter Facebook

Reference : yolocaust

関連記事

  1. 思わず心がほっこりする「顔つきパン」

  2. 暗闇で光る折り紙のマグマ。“デビッド・オリバ”と“アンナ・ジュンカ”によるインスタレーション

  3. 新聞や雑誌で作られた人間。“富田菜摘”の立体コラージュ

  4. ミロのヴィーナスに刺青!対象の見方を変える彫刻の魔術師“ファビオ・ヴィアーレ”

  5. 美しき架空のドレス。自然とファッションを融合させた「1+1」プロジェクト

  6. ふわふわ絨毯のような“アラナ・ジョーンズ=マン”のレトロで可愛いケーキたち

コメント

    • d
    • 2019年 3月 19日 23:56

    原爆のTシャツで問題になった某国のなんとか少年団も、ホロコーストでアーティスト写真を撮られていましたね。
    一般の人ですら非難される事を
    アーティストがするのはいかがなものかと思った事がありました。
    人の死を軽んじる投稿が減る事を祈るばかりです。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP