そっくり!!“Wakuneco”によるリアルすぎる羊毛フェルト

本物の猫が枠から飛び出してくるような、そんな驚きの可愛らしい作品を制作しているのは、日本人のアーティスト、Wakuneco(わくねこ)さんです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

リアルすぎる猫の肖像画、その名も「わくねこ羊毛フェルト」。
毛並みから表情まで本当にそっくりです!

これらは日本人におなじみの羊毛フェルトで作られています。羊毛フェルトとは、羊毛を針でつついて繊維を絡めながら形作る手芸の一種です。下のスライダーは制作様子です。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

なぜこんなにリアルな猫を作ることができるのか、それは以前手がけていた広告のイラストレーションの仕事が関係しているようです。勉強のために多くの人物画を描いてきたため、YouTubeで紹介されている猫のスケッチ画は、写真そのもの。そんな技術が、立体化された羊毛フェルトにも反映され、リアルな質感や表情が生まれているのです。

Play
Full screenExit full screen
Slider

羊毛フェルトと出会ったのは2015年の春。愛猫3匹と生活している中で「猫のマスコットを作りたい」という思いから制作を始めました。最初は体部分も含め製作していましたが、猫の表情を作り上げていくことが楽しみとなり、顔を中心としたデザインになっていったようです。
リアルでかわいらしい猫のフェルトはたちまち話題となり、SNSの反響をきっかけに2016年8月からオーダー制作を開始しました。特に海外からの反応がすごく、どう見ても本物にしか見えないという声がたくさん寄せられています。

オーダーを受けることの責任と大変さを、前職の仕事でよく理解していたWakunecoさんは、受けるか受けないか長い期間悩んだそうです。そんな時、ホームページに「オーダーをぜひ始めてください」という書き込みがあり、この一言がわくねこさんの背中を押すことになりました。そしてオーダー制作第一弾、「テオちゃん」を作りあげたのです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

1つ仕上げるのに1ヶ月以上かかることもあり、また、作品の説明として「アメリカンショートヘアー」とか「ソマリ」といった紹介ではなく、実在する名前の付いた、◯◯ちゃん、◯◯くんと表記しています。丹念に、精密に、そして思いを込めてつくりあげられているのです。
Wakunecoさんが述べている「誰かにとって最愛の猫を作ることで、かけがえのない宝物になり得るのだと信じています」という信念が、作品から伝わってきます。
現在、オーダー制作はストップしているようですが、また再開する模様です。詳しくはホームページやYouTubeに記載されていますので、ぜひそちらをご覧ください。

Full screenExit full screen
Slider

Wakuneco
HP : https://www.waku-neco.com
Twitter Instagram YouTube Facebook

Reference : amebloboredpanda

関連記事

  1. 次元にとらわれない先鋭的表現法。“マシュー・ストーン”今注目のメディアアーティスト

  2. 過去。現在。未来。画面内に複数の時間を混在させる画家“アダム・ラプトン”

  3. 柔らかな色彩で海を描く“ロバート・ブリンドリー”

  4. “浅草 飴細工 アメシン”が制作する、今にも動き出しそうな金魚の飴

  5. 不思議な世界。“エリック・ウォン”が描く、イギリスの新しい都市像

  6. 金色の夕焼け。“アンドレイ・サルノフ”のデジタルペインティング

  7. 本の中に広がる世界を詩的に描く“ジュンホ・リー”

  8. 新聞や雑誌で作られた人間。“富田菜摘”の立体コラージュ

  9. 世界一美しいドレスをデザインする “マイケル・シンコ”の2017年、春夏コレクション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 
  1. この記事へのトラックバックはありません。

   
   

ランキング

Twitter

 PAGE TOP