芸術とデザインを軽やかに融合させる“吉田ユニ”

曖昧な芸術とデザインの境界線。
そこを常に行き来し、自由自在に活動しているのがグラフィックデザイナー兼アートディレクター吉田ユニさんです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

仕事の依頼の絶えない人気アートディレクターである彼女は、パッケージデザインやCDジャケット、広告デザインなどを手がけ、シュールを基調としたインパクトある作品を数多く発表しています。どれも宣伝対象の見方を変えるような斬新な視点を私たちにもたらしてくれます。

学生時代からアートに興味を持っていた彼女は、女子美術大学でデザインを専攻し、グラフィックデザイン界の巨匠、大貫卓也さんが代表を務める大貫デザインに入社。ラフォーレ原宿25周年や新潮文庫「Yonda?」、野田凪主宰の宇宙カントリーに携わったのち、2007年に独立しました。ちなみに「吉田ユニ」という名前は、彼女がユニークであることから大貫卓也さんが命名したそうです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

渡辺直美さんが登場するこの作品では、巻き髪の中を太巻きやトルティーヤにしています。カーラーの部分を、食べ物に代えてしまうことで、実際にはありえないシュールなシーンを作り出し、強く印象づけてます。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

そして、こちらのとてもユニークな作品。画像加工するのではなく本物の食材を立方体にカットし、組み立てることで、現実世界の一部をモザイク化させています。全体をモザイクにするのではなく、一部に限定することで、食材という概念の再定義を促します。変身過程のようにも見え、アナログとデジタルの変換といったイメージもできます。

最近の広告では宣伝対象を認知してもらうことを重要視しすぎ、すぐに消えていくような消費デザインが量産され続けています。しかし彼女は、宣伝することだけに埋没するのではなく、芸術として機能させながらクライアントの要求に応えています。その結果、多くの人に愛される何年も色あせないデザインが出来上がるのです。芸術とデザインを融合させる方法はますます有効になっていくことでしょう。

数多くのミュージシャンや著名人、企業のキャンペーンを手がけ、芸術とデザインを自在に横断している、今最も注目されるアートディレクター、それが吉田ユニさんです。

previous arrow
next arrow
Full screenExit full screen
previous arrownext arrow
Slider

吉田ユニ
HP : http://www.yuni-yoshida.com
Twitter Facebook Instagram

Reference : WWD情熱大陸Wikipedia

関連記事

  1. 細かなペン線で生み出される“カムウェイ・フォン”のモフモフの猫

  2. 美しき架空のドレス。自然とファッションを融合させた「1+1」プロジェクト

  3. スマホ中毒が進む社会への風刺。“アントワーヌ・ガイガー”の「Sur-Fake」シリーズ

  4. 竜の鱗を身にまとう。 “mareshop”が制作するドラゴン手袋

  5. 可愛いもの好き必見! 今にも食べたくなるキュートな「お菓子の靴」

  6. 最も身近な照明「THE MOON」を製作する“ノザイナー”

コメント

    • 田中
    • 2019年 1月 03日 19:18

    マイクラみたい

    • ニックネーム
    • 2019年 1月 03日 21:48

    個人的にめっちゃ好き

    • えくとる
    • 2019年 1月 03日 21:58

    twitterのリンクから来ました。
    食品のモザイク化の作品を見てとにかく言葉にできない感銘を受け、現在の芸術(と、一括りにしてしまっていいのかわかりませんが)にも興味が湧いて参りました。
    今はこうしてコメントするなど微細な活動しかできませんが、応援させていただきます。これからも素敵な作品を生み出してください!

    • 匿名
    • 2019年 1月 04日 07:29

    これほんと好き。二度見したわ

 
   
   

記事ランキング

Twitter

 PAGE TOP